証拠を取る

証拠を取る

もし離婚の危機が迫っているとしたら、そして相手のせいで離婚をせざるを得ないとしたら、こちらとしてはなにかぎゃふんと言わせる証拠がほしいものです。もし浮気をしているのだとしたら、配偶者の携帯電話や行動などをチェックすると明らかですが、携帯はロックがかけられていたり、また行動をチェックするにもなかなかそこまでの時間をさくことができないし、尾行をしてもバレてしまったらおしまいですね。

 

そこで、もっとも証拠を得るのに役立つのは探偵を雇うことになります。かなりの予算が必要になりますから、無料相談にいって諦めることもありますが、もし自分で決定的な証拠を取ろうとしてもリスクが高いし、ときには感情を抑えられなくなってしまうことがあります。探偵の場合はまったく関係のない部外者ですので、ビジネスライクに仕事をしてくれて、ある意味しっかりと証拠をとってくれるので、離婚の際にもそうした証拠を使うことができます。

 

 

お金がかかるから自分でやってしまおうというのはドラマのなかだけで、かなりの危険が伴いますからあまり得策ではありません。もしどうしても探偵を雇うお金がないとしたら、メールのやり取りや電話の通信記録、またあまり気分のよいものではありませんが、配偶者がこそこそ話している部屋に盗聴器をしかけてその会話を聞く、ということもできます。

 

 

また電話に親機、子機があったら、比較的盗聴は簡単ですから、そうした状況証拠を自分の危険が生じない程度に集めておくといいでしょう。