子供のこと

子供のこと

夫婦の離婚は様々な理由があるので、まったく一筋縄ではいかないものです。

 

でもその離婚を阻止しようとする一番の理由が子供ではないでしょうか。最近では離婚が増えているので、子供のほうもそれをきちんと受け止めることができる子供も増えていますが、当然まったくショックではない子供はいません。

 

もし離婚してもお互いに会う機会を作るなど、一生その子の母親と父親であることは変わらないということを強調しましょう。もし離婚が泥沼化するようであれば、苦しむのは当人同士だけではなく、子供も苦しむのです。そうしたことを考えると、子供の人格形成の面からもなるべく離婚はスマートにあまり揉めないうちに解決することが大事になってくるでしょう。

 

夫婦のことですから、その2人にしか分からない事情も当然あることでしょう。でもそこは大人です。子供の心に与える影響はきっと大人より大きい筈です。ある程度物事が分かる年齢になったら、しっかりと説明して子供が納得するのを待ちましょう。一時的には荒れること、理解しないことがあっても、根気よく説明すれば分かります。

 

そしてきっと最終的には親の背中を押してくれるでしょう。上手く行かない夫婦仲を無理矢理続けるよりはずっといいはずなのです。そして親として一番重要になってくるのが親権ですが、自分に有利な条件が揃っていたら、親権をとることは容易になってくるのです。子供のことを考えたら、浮気はしないほうがいいでしょう。